★いまやキッチンカーは新しい販売形態

今や様々な場所でキッチカーでの移動販売が出店しています。みなさんもスーパーマーケットやショッピングモール、住宅展示場などでのランチなどのお弁当やクレープやたこ焼きなど見かけたこともあると思います。また集客ツールとしてカーディーラーや新装開店の店舗イベントとしても利用されています。

どこへでも移動できて販売できるというキッチンカーの機動力があれば、様々な場所でいろいろな商品を販売できます。もはや「キッチンカー」は新しい販売形態のメインとして位置づけられています。そこでこれから「移動販売」を始める人に向けての重要なチェックポイントを説明していきます。

★移動販売車は少ない資金と人数で始められる

.初期費用が少なく家賃がかからない

店舗を構える場合は千万単位で費用がかかりますが、キッチンカーであれば開業までの費用が数十万から数百万で始められます。あとはどんな料理を提供するかになります。つまり初期費用が店舗型の飲食店を出すよりかなり安く抑えられるということになります。

立地を移動でき撤退時もリスクが少ない

どんな商売でも何よりも立地が大切です。一度固定店舗を開店してしまうと立地が悪くて移転することは大変ですが、移動販売の場合は立地選びに一度失敗しても、もっと集客できる場所にすぐ移動できますね。これはかなりのメリットです。

人経費を節約できる

固定店舗であれば最低でも二、三人のスタッフが必要ですが、一人でも運営できるのが移動販売の強みです。また夫婦や仲間で運営していく場合でも交代で作業できますので、働き詰めにならずもっと効率的にできます。アルバイトを雇ってもいですし人件費がかなり節約できます。

副業から始められ労働時間が自由に決められる

最初は本業の休みの日に移動販売を行い、軌道に乗ってきたら移動販売をメインにすることができます。販売のコツを掴むまではどうしても実際にやってみなくてはわからないことが多いハズ。また、収入をそこまで上げなくてもいいので気楽に好きなメニューを販売できます。

★こんな人は移動販売ぜひをやってみよう

自分で商売を始めたい学びたい方

軽自動車一台からはじめられる移動販売は規模はとっても小さい商いですが、いわば一国一城の主です。移動販売は販売方法やメニューなど試行錯誤の繰り返しです。でも自分で選んだ道であれば最初は苦労しても後々それも楽しみの一つとなります。いろいろいな経験を活かし自分で考えて商売の工夫ができる方は移動販売に最適ではないでしょうか。何もないところから自分で形を作っていくという移動販売を起業するのにピッタリです。自分で作ったメニューを販売して食べて喜んでもらうという楽しみもあります。そこに魅力を感じられる方はこの移動販売という商売に最適な素質を持ち合わせていると思います。

一人で仕事してもちゃんと自己管理できる方

移動販売はとにかく自分ですべてを決定して働いていく商売です。誰も注意しないからいつでも休めるし時間の使い方も自由です。自分で仕事の流れをつくり実行していくときにスケジュールの自己管理ができないとすべてが崩れてしまいます。やることをやり自分のいい仕事をひつとづつ進めていけることが大切です。

約束を忘れたり、朝起きられない、付き合いでついつい飲み過ぎてしまったりなど、自己管理ができない人はあまり向いていないでしょう。しかし、自己の健康管理や他人との付き合いが自分なりにちゃんとできる方であれば、必ず移動販売という商売でも成功するはずです。

人と会ったり話すことが大好き

もちろんお客様に直接対面販売しますので人と会うことや話すのが好きな人は移動販売には最適です。逆にコミュニケーションが苦手な人は、いろいろな年代の方が来店する移動販売はやや苦痛かもしれません。でも話下手でも笑顔は作れるはずです、自分ができる範囲からお客さんとのコミュニケーションをとることから始めれば接客も難しいことではないと思います。

★次は移動販売車を手に入れよう

そして移動販売に必要なのがキッチンカーです。

どんな移動販売車にするのか

移動販売車を手に入れるまえにどんな車種にするかの計画を建てなければなりません。もちろん予算や販売する商品をどんなものにするかで違ってきます。バスのような大きなキッチンカーが必要なのか、軽トラックで販売できるのかということです。ピザなど調理がいろいろ必要なものは大きめの車が必要ですが、比較的設備も少なくて小さめの車でできるものがワッフル、クレープ、たこ焼き、お好み焼き、たい焼きなどと言われています。使う車の大きさにより「大型車」「中型車」「小型車」「軽自動車」がありますので、大きさによってもできる業態が変わってきますので、色々な車種を見てから検討するが良いと思います。

予算からですとどうしても「小型車」「軽自動車」からとなりがちですが、販売品を何にするかを考えてから決めてみてください。

★中古で移動販売車を購入しよう

最初はレンタルなどで色々なキッチンカーを試しながら、自分の移動販売のやり方と商品が決まりましたら車種を決めていきましょう。そして予算も節約できる中古の車を購入して自分の移動販売車を作るのがベストです。いきなり新車にするのはもうベテランの方や企業として展開する以外にはおすすめできません。

★移動販売車で販売する商品を決めよう

いよいよ移動販売でなにを販売するかですが、前述の車の種類を決める場合にも大切な商品を実際に決めていきます。

車の種類と販売できる営業許可の種類

取得する営業許可の種類により販売できない商品があります。調理まではできない場合は限定されてしまいます。

車体の種類

例えば、ピザの移動販売をやる時はバスのような大き目のキッチンカーが必要になりますが、間違って軽トラックで作った移動販売車を購入してしまうと後でできなかった...ということになりかねません。

次に、道具の種類になります。エネルギーとして「電気」だけで済むのか、「ガス」や「他の燃料」を使う必要があるかどうかという点でも移動販売の難易度が変わってきます。

ある程度準備が楽で儲けが大きい商材「粉物」と言われています。具体的には、ワッフル、クレープ、お好み焼き、たこ焼き、ベビーカステラ、たい焼きなどです。粉物はその時に必要な分量だけ調理すれば、使わなかった材料の大部分は次の移動販売に使うことができます。

また、利益が減ってしまいますが、フランチャイズで商品を提供してくれるような商品は、準備が楽チンなので比較的やりやすい商品になります。フランチャイズにはどんな物があるか想像がつくかもしれませんが、例えば、カレーライス、ケバブ、焼き鳥、メロンパンなどです。これらは東南アジアでも活躍できる商材になります。

★ホームページを作る、SNS(ソーシャルメディア)を利用する

自社のホームページを作り宣伝する

そして次に自分のホームページをつくり移動販売をアピールしましょう。
いまや信用のおける事業を紹介し案内するにはインターネットを利用しなくてはなりません。
そしてホームページを簡単に作れるサイトも今はいろいろありますが、もしも自分で作れない場合は当社へお問い合わせください。専門のページ制作業者を紹介したり、自分で作りたい場合は簡単なホームページの作り方を教えます。

ブログやSNSを作り活用しましょう

自分の仕事をアピールし宣伝するにはホームページはもちろんのことブログやフェイスブック、インスタグラム、ツイッターを活用しましょう。

ユーザーとのコミュニケーションを作るのにも大切ですが、最近は出店を依頼する側もそういったページから情報を収集していますので、新鮮な情報をどんどん発信していきましょう。
今は移動販売やキッチンカーでの仕事中にもスマホで記事や画像をアップできますので、イベントの様子やメニューの画像などや出店情報をどんどんアップしていくだけで良いので、信頼のおける新鮮な情報発信となります。また動画もアップするとリアルな臨場感も伝わりより確かな情報となります。

お気軽にお問い合わせください。043-308-7041受付時間 9:00-18:00 [ 土・日・祝日除く ]

メールでのお問い合わせ キッチンカーの案内総合サイト アソビーズ株式会社